img_02

新卒採用者が会社を変える

日本では、3月に学校の卒業式が行われるために4月から新しい生活が始まるというのが定着化しており、毎年4月になると新卒採用者が入社してくることになります。

新卒者は企業によって同じ条件で揃えているケースが多く、高校卒業者や大学卒業者などの学歴、それによる年齢、文系や理系などの持っている知識内容、社会経験が全くないという同じレベルであることから、お互いに仲間として同期のきずなが出てきます。
はじめの研修では同じ机を並べて行われるものの、その後はそれぞれの配属先に行くことになります。



しかし、部署が違っても同期ということで部署を越えてお互いに助け合ったり励まし合って成長して行くものです。これは、中途採用で一人で入社した人にとってはないことでもあります。

事業の柱の一つとして新卒紹介を行っているDYMでは、自社の新卒採用も力を入れています。
また、仲間がいることで次第に競争し合うようにもなり、それが社にとっては業績を上げることにもつながります。

新卒採用は、すでに入社している先輩たちにも大きな影響を与えます。

社員もクライアントもみんな幸せになって欲しいというのがDYMのスタンスです。



毎日同じような生活が続いていた社内の雰囲気も、新卒者が入って新しい風が吹き始め、仕事だけでなく人間関係においても影響を与えて、新卒採用者からいまどきの新しい意見を知ることにもつながります。

また、仲間がいることで次第に競争し合うようにもなり、それが社にとっては業績を上げることにもつながります。

新卒採用は、すでに入社している先輩たちにも大きな影響を与えます。毎日同じような生活が続いていた社内の雰囲気も、新卒者が入って新しい風が吹き始め、仕事だけでなく人間関係においても影響を与えて、新卒採用者からいまどきの新しい意見を知ることにもつながります。



このように、新卒者が毎年同じ時期に入ってくるということは、社内の雰囲気を変えて先輩たちにも緊張感や向上心を与えてくれるものです。すぐには即戦力にならなくても、新卒者は先行投資としても貴重な存在です。